望月志乃の ひびわれたまご|ADHD主婦

大人の発達障害(ADHD)当事者のイラストレーター望月志乃が、生きづらさや”楽”について考えるブログ。

発達障害を啓発する前に大切にしたい2つのこと

どうも。望月志乃です。

4月2日は「世界自閉症啓発デー」 、2日から8日までは 「発達障害啓発週間」です。

毎年この時期になると、「(自閉症を含めた)発達障害を正しく知って欲しい」と、情報発信が盛んに行われます。

それらを軽視したり、批判したり、反対したいわけではないのに、毎回どうしてもモヤモヤとした違和感を抱えてしまいます。

それが何故なのか、考えをまとめていきたいと思います。

常連読者のみなさん、ええそうです、またこの話ですよ…!

f:id:shinoegg:20190404100801p:image

啓発メッセージを「受け取る側の視点」に立ってみる

f:id:shinoegg:20190404043939p:plain

あやふやなものに向かって、あやふやなものを大量に投げ入れる図

ある1人の当事者が「発達障害は、こういうものです」と説明していても、蓋を開けてみると「私の症状はこうです」と言った方がいい場合が多い。

「こういうことで困ってます」ということを話す時、主語は「発達障害者は」よりも「私は」の方が正確

当事者の数だけ悩みがあり、それを1つ1つ「理解してくれ」と世間に訴えたのでは、受け取る側も大変。

困惑したり、敬遠されたりするのではないか。

「フーン、そうなんだ。大変なのは分かったけど、結局よくわからないし、面倒くさいな。」

「(極端な例を見て)発達障害の人って、みんなこうなの?…ま、私には関係ないか。」ってな具合に。

 

伝えたいことがある時に大切なこと

f:id:shinoegg:20190404023638g:plain

「1例」か「ふんわり」してるかになりがち

伝えたいことがある場合、「誰に」「何を」「どんな風に」「どう伝えるか」が大切

より多くの方に知って欲しいと思うなら、伝わりやすく、わかりやすく、かつ誤解のないような表現を考え、受け手が受け取りやすい形にして投げかける必要がある。

発達障害の場合、それが本当に難しい。

個人差が激しい以上、「当事者である自分の話」は、結局「自分の話」でしかない。

 

「望月志乃さんという人が、発達障害なのにブログでこんなことをやっていたから、あなたも同じように頑張りなさい」と言われたら、きっと困る人の方が多いだろう。

「アインシュタインみたいな特殊で相対性な何かになりなさい」と言われても、大多数の人が困……アレ?意味的には一周回って困らない…?

 

……さておき!!

そういう、誤解を招く原因となるものは何かというと!

発達障害の啓発が難しい理由とは

そう、答えはひとつ。「発達障害は、個人差が激しすぎる」こと。

特に重症な例の話が「自閉症とはこういうものです、知ってください!」として広まったり、天才の例を持ち出して「発達障害者はみんな天才です!」と広められたり。

このブログも、わたしが発信していることは全て「私の場合はこうです」というだけのもの。

長くブログを運営していると、当事者や、そのご家族から「あなたのせいで、当事者のことを誤解されたくない」というご心配を寄せられることが多かった。

それで思うのは、誰も発達障害者の代表にはなれないし、「自分とはかけ離れた当事者」のイメージが、先入観として世間に広まることを、脅威に感じてしまう当事者がたくさんいるということ。

あなたが求めているのは本当に「発達障害」への理解?

「発達障害」というラベルの知名度が上がっても、あなたへの理解がすぐに増えるわけではなく、むしろ「どこかの発達障害者の話」が、「あなたの話」として広まっていく。

大ざっぱに伝えたイメージは、大ざっぱに理解され、偏見もうむ。

 

本当の願いはなんなのか。

本当の本当に、望んでいることは何なのか。

 

f:id:shinoegg:20190404025604g:plain

不特定多数より、特定の誰かへ自己紹介を

障害者雇用された結果、本当はもっと仕事に活かせる能力があるのに、単純な軽作業しか回されないなんてこともある。

実際よりも症状を重く見られても、軽く見られても困るのが発達障害で、等身大の個人を理解して貰いたい。

発達障害への偏見や誤解はなくならない

もちろん、「おおまかにでも、多くの人に存在を知ってもらう」という啓発活動も、非常に意味が大きく、大切なことなのだが。

どんなに発達障害の認知が広まったとしても、「不寛容社会」な日本文化が根本から変わらない限り、誤解や偏見はなくならないと考えた方が自然だ。

 

他人のミスを許さず完璧さを求め、
個性をもて囃しつつも同調を重んじ、

マナーがどうの、常識がどうのとマイノリティを排除する。

 

悲しいけれど、それが日本という国。

ただ、そう悪いところばかりでもなくて、集団ではなく、1対1で向き合ってみれば、あっさり誤解がとけたり、あたたかい人情味が溢れていたりもするんだよね。

 

世間(集団)に、発達障害(集団)の、苦しさを伝えるより、

身近な人(個人)自分(個人)の苦しさを伝えていく方が現実的で、たいせつなことのように思う。

f:id:shinoegg:20190404031152g:plain

世間に投げ入れるのではなく、自分から周囲の1人1人に投げかける

自分の言葉で、自分のことを伝えるためには、自己評価に対する認知の歪みを矯正したり、自己理解と自己受容を深めることが大切になる。

「世間からの誤解を恐れなくなる」のが理想

自己肯定感の高い人間は、他者からの評価を気にしない。

世間が自分のことをどう言おうと、「自分は自分であり、自分には価値がある。」というゆるぎない自信を持っている。


誤:自己肯定の低い人→正:自己肯定感の低い人

「世間の人」にどう思われても、自分自身と、大切な人を愛したい

 

誤解や偏見に負けない自己肯定感と、

理解者がいれば、きっと何とかやっていける。

 

でもその、最重要な2項目が、多くの当事者にとって、とても大きな課題である。

 

発達障害を知って欲しいんじゃなく、自分のことを知って欲しい。

発達障害者を愛して欲しいんじゃなく、自分のことを愛して欲しい。

 

たとえ誰にも理解されなくても、自分で自分のことを好きでいたい。

 

言わないと分からない

「定型発達の人にも分かりやすく」作られた啓発メッセージの数々を見ていると、「そうか、こういうことも言わないとならないのか」と、驚いたりもする。

 

世間の当たり前が、こちらにとっての当たり前でないように、こちらにとっての当たり前は、世間一般では当たり前でない。

根本的に考え方が違うので、自分の想像以上に、たくさんの説明がいる。

 

だから、発達障害の啓発はとても大切なこと。

 

ただ、自分のことは結局、自分で伝えていくしかないし

大切にしたいのは、大切な人を大切にすることと、自分を認めることなんだと思う。

 

さて。

“ただの自己紹介記事”にお付き合い下さり、どうもありがとうございました。

 

またね。