望月志乃の ひびわれたまご|ADHD主婦

大人の発達障害(ADHD)当事者のイラストレーター望月志乃が、生きづらさや”楽”について考えるブログ。

【図解】未成年「親には内緒で1人で病院に行きたい」費用や受診方法

どうも。望月志乃です。

「自分は発達障害ではないか」と感じ、生きづらさを抱えているのは、大人だけではありません。

成人していれば自由に通院できますが、そうではなく親の保護が必要な場合、なかなか簡単にはいかないようです。

 

今回は、精神科だけに関わらず、産婦人科などの受診に悩んだ時にも役立つ情報をお届けします。

 

【お悩みvol.10】 未成年だが1人で精神科に行きたい。親にバレないように受診することはできますか?

相談者

いつもブログ読ませていただいてます!
私は現在未成年ですが、ADHDの診察を受けたいと思っています。

未成年が1人で行っても、精神科を受診することはできますか?

受診した場合、親に連絡が来たりするものでしょうか?

また、診察費用はどのくらいでしょうか?

望月志乃

志乃

ご質問ありがとうございます。

「精神科に行きたい」というのを親に話すのって、とても勇気がいることだと思います。
スンナリと現実を受け容れられない親御さんもいるでしょうし。

発達障害に対する誤解や、偏見も根強くあって、理解を得られるとは限らないですものね。

質問者さんと同じように、「親にバレないように、1人で精神科を受診する方法はないか」と考える未成年者が多いようなのですが、詳細も分からず、問題解決への一歩をなかなか踏み出せない様子。

そこで今回は、「未成年でも1人で精神科を受診できるのか」「できたとして、費用はどうなるのか」を、私なりに調べてみました。
あくまでも目安ではありますが、すこしでも参考になれば幸いです。

 

未成年が、1人で精神科に行っても大丈夫?

精神科に限らず、医療機関では一般的に15歳までは「小児」として扱われることが多く、中学校を卒業する頃には、大人と同じ扱いになるようです。

 ツイッターで情報提供を募ったところ、「未成年のうちから、1人で問題なく精神科を受診できた」という体験談を複数いただきました(ありがとうございます)。

ただ、「年齢」と「病院による」ところが大きいようなので、事前に病院へ確認を取ってみてください。

多少、勇気がいるかもしれませんが、事情を説明すれば受け入れてくれる病院もあります。ダメ元で聞いてみる価値はあると思います。

親に、精神科に行ったことがバレると困るのですが…

健康保険証を使った場合、「いつ、どの病院に行ったか」が、分かるようになっています。

親の扶養に入っているでしょうから、保険証を使うと、扶養者にはがき等で通知が届くようになっています。

ただ、親御さんが余程マメな性格でもない限り、隅々までチェックするということはそうそう無いかと思いますが…、万が一でもバレたくない場合、注意が必要です。

健康保険証を使わないと、金額はどうなる?

保険証を使えば、3割負担(70%OFFの金額)で済むところ、100%の金額を自分で払うことになります。

具体的な金額の目安は、のちほど図解で説明させていただきますが、毎回の診察料・検査代・薬代に関わってきます。

一度や二度の受診ならともかく、毎月利用するとなると、未成年には厳しいかもしれませんね…。

親へ医療費通知が届かないようにする方法はありますか?

調べてみたところ、ありました。

「重い病気にかかってしまったことを、家族にはまだ内緒にしたい」等の理由から、通知の差し止めを希望する方もいるんだとか。

最寄りの役所にて、「家族にはどうしても知られたくないので、保険証の通知が行かないようにして欲しい」と相談すると、内容によってはストップしてくれる場合があるようです。

1人で役所に行くのが不安であれば、まずは県や市のホームページから、近くの役所の電話番号を調べてください。書いてある代表番号へ電話をかけて「健康保険の係につないでください」と言えば、相談窓口に案内されます。

未成年でも対応してくれるかどうかは分かりませんので、まずはお住まいの自治体に、匿名で問い合わせてみてください。

(2019/4/4追記)

国民健康保険に加入されている方であれば、役所の健康保険担当課でOKですが、
それ以外の方は加入されている保険組合に相談・問い合わせする必要があります。

手元に保険証がある場合、大抵は保険組合の連絡先がついているかと思いますので、そこに問い合わせてください。

保険証の通知(医療費通知)で、どんなことが分かるの?

医療費通知とは、健康保険がどれくらい使われているのかを、保険加入者に知らせるためのものです。

医療費通知に記載されること(※)

  • 受診年月(いつ)
  • 病院名(どこで)
  • 金額(いくら使ったか)

記載されないこと

  • 受診した診療科(何科を受診したか)
  • 検査内容(どんな検査をしたか)
  • 治療内容(どんな処置をしたか)

※加入している組合によって異なりますが、一般的には年に2〜3回、上記の内容が記載されるケースがほとんどのようです。

病院を選ぶ時に注意すること

要するに、病院名が「〇〇メンタルクリニック」や、「〇〇精神科・心療内科」というところに行ってしまうと、病院名でバレバレということですね。

逆にいうと、親に通知が行ったとしても、「何科を受診したか」までは分からないので、精神科のある、大きな総合病院に行くという手があります。

自分の健康状態を正しく知るためにも、まずは総合病院の小児科や、内科を受診して、医師に状況を相談し、指示に従うのが良いでしょう。

総合病院を受診する前に知っておくべきこと

総合病院を受診するには、かかりつけ医からの紹介状が必要です。

紹介状にかかる費用は、住んでいる自治体や年齢、病院によってまちまちですが、保険証を使えば、だいたい2〜3千円ほど。

紹介状がなくても受診はできますが、総合病院を受診した時に、特別料金として➕5千円ほどかかってしまいます。

診察料を含めた合計金額のめやす

いつもの内科(または小児科)に紹介状をもらいに行った場合の金額

内科の診察代(無料〜3千円くらい)➕紹介状(2〜3千円くらい)=内科で払う金額
内科で払った金額➕総合病院の初診料=合計金額

紹介状をもらいに行かず、直接 総合病院に行った場合の金額

総合病院の初診料(無料〜3千円くらい)➕特別料金(5千円くらい)=合計金額

発達障害の診断時に、保護者同伴を求められるケースが多い

発達障害の診断には、生まれてから今までの歴史を詳しく調べる必要があり、そのために幼い頃からのあなたをよく知る、保護者の同伴を求められることがあります。

私が受診した際には(成人していたので事情は違うかもしれませんが)、これまでの通知表や、母子手帳を持参するように言われ、親の同伴は特に求められませんでした。

事情によっては、対応してくれるかもしれません。

ひとりの大人として、お勧めする方法

おそらく「お金があれば、受診できなくはない」けれど、その費用を捻出するために、親に内緒で良からぬことに手を出したり、無理をして体を壊すようなことがあってはいけませんよね…。

まずは身近な大人に相談してみて、その都度アドバイスに従うのが一番かと思います。

「それができたら、苦労しないよ」と思う方も多いかもしれませんね。

でも意外と、相談窓口は色々あるんですよ。

児童相談センター(児童相談所)に相談すると、児童精神科医が勤務していて、そのままつなげてくれることもあります。

そのほか、ツイッターで情報提供をお願いしたところ、病院や、処方箋薬局や、役所にお勤めの方、そして児童を支援する立場の方々からの、「大丈夫ですよ」という温かいコメントがたくさんありました。

相談してみると、意外と柔軟に対応してくださるかも。

1人で悩んで精神科に行く前に、まずは匿名で電話してみてはどうでしょうか。

未成年が1人で悩んで困った時の相談窓口リスト(匿名OK)

電話相談窓口

SNS・チャット相談(LINEで相談OK)

近所で直接、話を聞いてくれる場所(秘密は守られます)

  • 児童相談センター
    (児童精神科医が勤務していて、相談にのってくれたりする)
  • 保健所
  • 地域子ども家庭支援センター
  • 精神保健福祉センター(こころの相談ができる)
  • 少年サポートセンター(警察関連。犯罪などのトラブルに困ったら)

市役所・区役所・町役場などにあります。

正面入り口から入ると、だいたい案内してくれるガイドさんがいます。

 

まずは電話してみるといいかも。 

住んでいる市や街の名前で検索してみてくださいな。

 

参考:子どもがそうだんできる電話や場所の情報 - 子ども情報ステーションby ぷるすあるは

参考:子供のための相談窓口(福ナビ-とうきょう福祉ナビゲーション)

 

【まとめ】かかる費用・流れ・注意事項について図解にしてみた。

親に内緒で1人で精神科に行くとこうなる

親に内緒で1人で精神科に行くとこうなる

これまでの説明を、一枚にまとめてみました。

おおまかな流れとしては、このようになります。

1人で精神科を受診することを、大人として推奨はしませんが、誰にも頼れずに、どうしても困ったら、お役立てください。

個人的な利用であれば、印刷して使ってくださって構いません。

 

※金額は診療内容、薬の量、住んでいる地域や年齢などによって変わりますので、あくまで目安です。

※図は、発達障害の治療として精神科を受診した場合のものです。

※製作者(望月志乃)の許可なく、無断転載・無断加工するのはおやめください。

 

この記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

 

意外と大人は力になってくれるぞ!!

変な大人もいるけどな!!!

 

スローガンは《めげずに探そう、身近な大人》!!!

 

あなたのご武運を、心から願っています。