望月志乃の ひびわれたまご|ADHD主婦

大人の発達障害(ADHD)当事者のイラストレーター望月志乃が、生きづらさや”楽”について考えるブログ。

【ADHDお悩み相談】結婚を意識している恋人に、自分がADHDであることを言えません

どうも、発達障害界の池波志乃を目指す女、望月志乃です!本日2回目の更新です。

何事も勢いのある時にやる!どうも!ADHDです!!

前回のお悩み相談では、「成人しているのなら、親にADHDだということを言わなくても構わない」ということを書きました。

 ただ今回は、結婚して新しい家庭を持ちたいと考えている場合の、カミングアウトについてです。

【お悩みvol.6】結婚を意識している恋人にADHDであることを言えません

相談者

志乃さん初めまして。みやと申します。

 最近からブログを拝見させていただいております。私の悩みに関して、志乃さんのご意見を伺いたく、メールさせていただきました。

 私は大学でうつ病になり、卒業後、通っていた病院でADHDと診断されました。今は障害者手帳を取得し、障害者枠で働かせていただいています。

 私には付き合って一年の恋人がいます。私はアラサーということもあり、この恋がいつか結婚に発展すれば良いなと思っているのですが、実は彼にADHDのことを話しておりません。

 自分を不誠実に感じ、いつか言わなければと思っているのですが、発達障害への誤解などから、別れられたらどうしようという不安でなかなか言えません。周りの人に相談すると、「秘密にしときなさい」または「障害者手帳を返納したら?」と言われました。

 私はストラテラを服薬すれば、日常生活は困ることはあまりないのですが、仕事をする際に難があり返納したくありません。

 志乃さんなら告白しますか?しませんか?また告白するならどのようにしますか?  長文と超個人的な悩み、大変失礼いたしました。お返事お待ちしております。でもお返事がなくても全然かまいません。

 

望月志乃

志乃

ご質問ありがとうございます。

アラサーとなると、恋人との結婚を考える時期ですよね…。わたしもその時期は、かなり追い詰められていたことを覚えています。

わたしの場合は、結婚して子どもを持ったあとにADHDであると判明しましたが、「ありのままの自分では、受け容れて貰えないのではないか?」と、当時から自分自身に大きなコンプレックスがありました。

「相手にどう伝えたらいいのか?」「義両親や、義兄弟など、新しく家族になる方々に、自分や自分の家族のことをどう説明したらいいのか?」と、かなり深刻に悩んだ記憶があります。

「自分を不誠実に感じる」というのは、真面目な方にとって、かなり心理的負担のかかることです。

「志乃さんなら、告白するならどのようにしますか?」とのことですが、わたしは小賢しいところがある人間ですので、「相手があなたとの結婚を断りにくい表現はこうだ」とアドバイスすることもできます。

でもたぶん、真面目で誠実なあなたが本当に望んでいることは、そんなことではないですよね。

服薬すれば何も問題がないのに、どうして悩まないといけないんだろう

不思議ですよね。

発達障害があろうと無かろうと、あなたはあなた。

カミングアウトしようがしまいが、今のあなた自身を一年間、愛してくれていたパートナー。

それに、発達障害があると言っても、服薬さえすれば、問題なく社会的に自立した生活ができている。そして、これからも、服薬し続ける予定である。

つまり、結婚したとしても、これまでと何も変わりはしないのに、どうしてこんなことで悩まないといけないんでしょうね…。

わたしたちは、自分のことを「隠さなくてはいけない存在」と思わなくてもいいと、わたしは思っています。

罪悪感は人間に多大なストレスを与える

わたしの場合は、当時の恋人であった現・夫に、全てを話しました。

みやさんと同じように、「不誠実に感じる」というのもありましたし、それとは別に「ありのままのわたしを知った上で受け容れて欲しい」という望みがあったからです。

結婚するとなると、大切なパートナーと、新しく家族を作るということ。

発達障害は遺伝性のものだという説もあり、全てを隠して結婚をしても、不安と罪悪感で押しつぶされそうになるのではないでしょうか。

大切なのは、あなたが結婚相手に「引け目を感じない」こと 

仮に、恋人に全てを話して、受け容れてくれたとしましょう。問題はそのあとです。

「発達障害を持った自分と、“結婚してくれた”。」と負い目を感じてしまうと、人生をこれからずっと一緒に歩むパートナーと、対等な関係を築きづらくなります。

あなたは、現時点でもう、地に足をつけて生活することが出来ているし、服薬さえすれば、自分が問題なく生きていけることを知っている。わたしには、出来ていないことです。

1人の自立した大人として、そんな自分を誇ってください。 

関連記事: 

blog.shinoegg.com 

人生のパートナー選びは慎重に

発達障害であることを、ありのまま話して、結婚を拒絶されたとして。

そういうお相手と、これからの人生をずっと一緒に歩むとなると、お互いにとってかなり負担が大きいです。

わたしの周りのADHD主婦を見ていると、「旦那さんが自分のADHDを受け容れてくれているかどうか」で、幸福度にかなり差があることがわかります。

結婚を焦る気持ち、不安に思う気持ちはよくわかりますが、理解を示してくれるパートナーを選んだ方が、長い目で見て、絶対にいいです。

そんなことはきっと、わたしに言われなくても分かっていらっしゃいますよね。

あなたが自分自身とお相手に、“胸を張れる”選択を

質問の内容を見ても、彼に黙ったままで結婚することを、あなたは望んでいないということが分かります。

ただ不安で、一歩を踏み出せないだけ。

もし拒絶されたとしても、その時は苦しくても、後から振り返ってみれば、絶対に必要なことだったんだと分かります。

繰り返しますが、一番大切なのは、お相手に対して負い目を感じない選択をすること。

誠実に、正々堂々と勝負して、うまくいかなかったのなら、「きっと、わたしが幸せになるための、運命の相手ではなかったのだ」と、諦めもつくのではないでしょうか。

f:id:shinoegg:20190216203909j:plain

分かってくれる人はきっといる

何かとネガティブに語られがちな発達障害ですが、ADHDを抱えていても、結婚して子どもを産んで、幸せに暮らしている当事者もたくさんいます。 

もしその説明が必要なら、是非このブログを紹介してください。苦労もありますが、わたし割と、幸せです。

 

わたしは、あなたのことをよく知りません。

ただ、このご質問内容から、あなたが、誠実で、頑張り屋で、気遣いができる、素敵な女性だという印象を受けました。

 

お相手に、何より自分自身に対して、誠実に生きてください。

それが、「あなたらしさ」なのではないでしょうか。

あなたの結婚生活が素晴らしいものになることを、心から願っています。

 

関連記事: 

blog.shinoegg.com

 

それでは、また。