旧・望月志乃の ひびわれたまご blog.shinoegg.com

大人の発達障害(ADHD)当事者のイラストレーター望月志乃が、生きづらさや”楽”について考えるブログ。

【初心者向け・コピック比較表】コピックの種類、値段、おすすめセット一覧

2019年5月 最新情報を追加・古い情報を更新しました。

 

コピック チャオ 36色Aセット 実際の商品写真

綺麗で使いやすい色揃い

コピックについて知識がゼロの状態から、初挑戦。購入してから3週間が経過しました。

ネットで「コピック セット」や、「コピック 種類」「コピック 値段」などで検索しまくり、納得いくまで調べてから購入。

同じようにコピックの購入を検討している方のお役に立てればと思い、調べたことをまとめ、一覧表にしてシェアしたいと思います。

コピックの種類・比較・一覧表

(公式発表)

種類 コピック
スケッチ チャオ クラシック ワイド
値段
(税別)
各380円 各250円 各380円 各480円
色数 全358色 全180色 全214色 全36色
詰め替え 一部あり
エアブラシ × ×

各コピックタイプの特徴と違い

コピックスケッチ

コピックスケッチ商品写真

値段:1本380円 (※税抜き価格)。定番商品

色の数が多い。 コピックチャオとの違いは、インクの容量。

チャオよりも1本のインク容量が多いため、長く使える。

ペン先は太いマーカータイプと、細い筆タイプが両サイドにそれぞれついている。

コピックチャオ

コピックチャオ単品商品画像 

値段:1本250円(※税抜き価格)。コピックスケッチの廉価版。細いため、1本の容量がコピックスケッチよりも少ないが、その分、多くの色を低価格で揃えられる。セットの種類が豊富。ペン先はコピックスケッチとほぼ同じ。初心者向き。

コピッククラシック

コピッククラシック商品写真

値段:1本380円(※税抜き価格)。旧型一番はじめに販売されたタイプ。細い方のペン先が、他と違って固くて細いペン型(スケッチ、チャオは筆型)。

使いづらいとの声あり。昔ながらの愛用者向け?詰め替えインクに一部対応していないものもあり、注意が必要。

コピックワイド

コピックワイド商品写真

値段:1本480円(※税抜き価格)。太くて平べったい

広い範囲を一気に塗れる。ただし、エアブラシは使えない。

コピックセットの種類と価格・比較・一覧表

(公式発表)

タイプ 本数 種類数 定価(税別)
スケッチ 36色セット NEW 1種 13,680円
24色セットコピックスケッチ24色セット アフィリエイトリンク 1種 9,120円
(オススメ!)
12色セットコピックスケッチ12色セット アフィリエイトリンク NEW A~C
3種類
4,560円
チャオ 72色セットコピックチャオ72色セット アフィリエイトリンク A・B
2種類
18,000円
36色セット A~E
5種類
9,000円
(オススメ!)
24色セットコピックチャオ24色セットアフィリエイトリンク 1種類 6,000円
12色セット 1種類 3,000円
デビューセット
(10色+マルチライナー2本)
1種類 3,600円
クラシック 72色セット A〜C
3種類
27,360円
36色セット 1種類 13,680円
12色セット 5種類(※) 4,560円
ワイド 12色セット A~C
3種類
10,320円

※基本1種・灰色シリーズ4種類

その他、数量限定のセット商品や、テーマ別に分けたセレクトセット等もありますが、基本的にはこのような構成になっています。

コピックチャオの全色が揃う、効率のいい購入方法

ダブりを回避するためにも、次の図解を参考にしてください。

コピックチャオ全180色の構造図解

72色セット「A」=36色セット「A」+「B」、
72色セット「B」=36色セット「C」+「D」。

つまり、72色セット「A+B」+36色セット「E」で全色が揃うことになる。

初心者におすすめのコピックセット

ポピュラーな定番商品で選ぶなら

コピックスケッチの、コミックイラスト24色セットがオススメ。

最初にこちらを買い、どういうものか慣れたら、徐々に好きな色数を単品で買って増やしていくといいかも。

24色しかないので、もの足りなさそうですが、買い足していく前提で考えるなら、基本のセットとして購入しても後悔はしなさそう。

最も売れていて、色数も多い、コピックスケッチのセットは、現状この1種類のみ!

NEW!新商品として、コピックスケッチのセットが増えました。

コピックスケッチのセットは、これまで24色セットのみでしたが、新商品として、36色セットと、12色セットが販売されるようになりました。

チャオと比べると割高にはなりますが、かなりオススメです!

12色セットは、A~Cの3種類。

コピックスケッチのセットをオススメする理由

コピックチャオ・コピックスケッチが増えました

チャオ36色セットでも足りず、現在はこんなに増えましたw

立てて収納した時、コピックスケッチは一目で色番号が分かるので、スッと取り出せて、とても便利です!

(私はよく使うチャオの頭に、油性ペンで番号を書いて使ってます…) 

でも、12色の差は大きかった

ただ、私は初めて買う時、コピックスケッチの24色セットと、そんなに変わらない値段で、36色使うことができる、コピックチャオのセットを購入することにしました。

 スケッチはチャオと比べて割高になってしまうので、最初からいきなり高い買い物をする勇気はなかったんです…。

 

それにやっぱり、12色の差はでかい!!

まったく後悔はしていません。

その理由は、次の通りです。

最初から安く、たくさん基本を揃えたいなら

わたしが買ったのは、こちらのコピックチャオ36色Aセット。 ネットで調べたところ、多くのコピック愛用者にオススメされていました。 たくさんの方にオススメされているのには、やっぱり理由がありますね。 ベーシックな色と、肌色がそろっているため、人物画を描く場合、手広くカバーできます。 キャラ絵を描くことが多いオタクには、まさに絶好の商品です(笑)。 それに、単品で買い足して、あとで別のセットも欲しくなった…となった場合、ダブるのは嫌。 なるべくダブらないように、無駄にならないように、購入順序は慎重に考えました。 今後、色を買い足して増やしていくことを考えると、コピックチャオ36色Aセットを買うのが、一番わかりやすく、揃えやすいかな~と思いました。

予算に余裕があり、無駄を省きたいなら

結局、将来的には、単品でチマチマと買い足すことになります…。 予算に余裕があるのなら、最初にコピックチャオ72色Aセットを買ってしまいましょう。 面倒くさがり屋&無駄を省きたいあなたは、最初に買ってしまった方がお得です。

安価なセットで、無難&気軽に始めたいなら

でもそんなにお金をかけるのはちょっと…という方にはこれ。 6千円前後で買える、安価なエントリーモデル。初心者向けセットとして人気のようです。安い値段で無難&気軽に始めたいならこれ! (※2019年4月追記 現在は品薄状態が解消され、スタートセットやデビューセットがネットで買えるようになりました。こちらもオススメです。)

デビューセットは基本色10色に加え、コピックマルチライナーが2本ついてくるセットです。 ただ、相変わらず品薄状態が続いているようで、Amazonでは在庫がない場合が多いです。(Yahoo!ショッピングの方が見つかりやすいかも)

コピックの主線は公式ペンがお勧め

コピックマルチライナーとは、コピックで塗っても線がにじまない主線用のミリペンです。セット販売もしているので、マルチライナーが欲しいなら、そっちを買った方がいいです。

ペンによってはコピックに向いておらず、線がにじんで汚くなってしまうので、私はこのセットを購入しました。 ペンの太さが9種類あり、細い線から太い線までセットになっているので、このセットがひとつあると便利です。 (4本セットや、色違いなどバリエーションがあるので、気になった方はこちらから見てみてください) コピックマルチライナー セット

コピックを選ぶ時に知っておきたいポイント・注意点

コピックは薄い色をそろえた方が塗りやすい&使いやすい

コピックは、薄い色を塗り重ねると綺麗に仕上がります。初心者は特に、はじめから濃いものを使ってリカバリが効かずに手遅れになることも…(なりました)。薄い色が多く入ったセットを買って、好みの色をそろえていく方がオススメです。

ネットでは定価よりもだいぶ高く売っている場合もあるので要注意!

Amazonでも油断しているとボッタクラレることがあるようです。 特にコピッククラシックの72色セットは、Amazonで10万円弱の高値で販売していることがあります。このセットを買うなら、楽天Yahoo!ショッピングが絶対にオススメです!

コピックシリーズは、基本的にAmazonや楽天で買った方がお買い得ですが、レア商品は高値で取引されることがあるので、値段に注意してください。

安くはない買い物ですので、このページを参考に、お財布と相談してください。 買うのに少し勇気がいりましたが、お絵かきが楽しいという気持ちを取り戻すことができ、私はコピックを買って本当に良かったです。 関連記事(このブログ内)