望月志乃の ひびわれたまご|ADHD主婦

大人の発達障害(ADHD)当事者のイラストレーター望月志乃が、生きづらさや”楽”について考えるブログ。

虐待は連鎖するとは限らない

親子が手をつなぐ画像

わたしと親は違う人間

どうも。発達障害界の松岡修造を目指す女、望月志乃です。

(この口上、ご本人から怒られるまで続けようと思います)

 

今回は、タイトルの通りのことを、過去の私を励ますような気持ちで書くつもりです。

今まさに同じようなことで悩んでいらっしゃる方に、届けばいいなと思います。

 親に失望すると、同じ立場になることを避けようとする

両親が不仲なために辛い思いをした子どもは、結婚に失望してしまい、結婚願望をなくすことがある。

虐待を受けて育った子どもは、「虐待は連鎖する」という話を聞いて、子どもを持つことに不安を感じる。

その不安はとても大きなもので、絶望し、諦めるには充分すぎる理由だ。

わたしもそうだった。

親になってから、カウンセリングに通った

「自分は母親失格なのではないか」と感じる度に、

「わたしも母と同じような母親になったらどうしよう」という、大きな不安に襲われた。

それどころか、母がわたしに惜しみなくやってくれたことすら、自分は出来ていなかった。

相談する人もなく、相談できたとしても、相手からの「あなたなら大丈夫だよ」という励ましの言葉に、納得することができない。

「虐待は連鎖する」という知識だけが1人歩きをして、うまくいかないことだらけの育児に焦り、どんどん追い詰められていった。

そんな時に見つけたのが、市が行っている無料カウンセリングサービスで。

月に一度、1時間だけということだったので、なんとか時間を作って通うことにした。

そこでカウンセラーさんに言われた言葉を、今でも覚えている。

 

「あなたは、あなたのお母さんじゃないし、お子さんも、あなたじゃないのよ」

 

わたしは母親とは違う人間だし、娘もわたしではないから、

母親と同じような母親になるとは限らないし、娘もわたしと同じように感じるとは限らない。

考えてみれば、当たり前のことなんだけど。

それだけ、大きな責任感とプレッシャーの中で、子育てをしていたんだと思う。

 

「こんな親になりたくない」と思っている時点でスタートラインが違う

わたしの母親の話ではあるが、母は「お母さんほど素晴らしい母親はいないよ!?」が口癖であった。

わたしにとっては辛く、悲しい体験だとしても、母にとっては「正しい躾」という認識でしかなく、「何がいけないのか」が分かっていなかった。

まず、わたしはそこから違う。

何が辛いのかが、客観的に理解できている。

 

完璧とはいかなくても、努力することはできる

わたしは、子どもにとっての「毒親」になることが怖かった。

被害者の立場から、加害者の立場になってしまうことを恐れていた。

 

完璧な親なんていないから、大なり小なり、子どもに悪影響を与えることもあるんだと思う。

それは誰にも避けることはできないし、避けようがないことなんだ。

そして、わたしがこうして幸せな家庭を持てたように、子ども自身にも、たくましく幸せになろうとする力がある。

その子ども自身の「生きる力」を信じて、それを育んでいくことで、親がどんな人間であれ、きっと子どもは幸せになってくれる。 

わたしは家事もできないポンコツで、良いママではないかもしれないけど

母の日のイラスト

母の日の娘。人の喜ぶ姿を見るのが好き。

 

時代もあったんだと思う。

昔はそういう「厳しい躾」が良しとされる風潮もあった。

幼い頃、隣家の子が「ママ、ごめんなさい、もうしないから、家に入れて!」と、(自分と同じように)玄関ドアの前で泣き叫ぶ姿を見かけた。

特にわたしは(当時は知る由もなかったけれど)ADHDだったから、きっと親も苦労したんだろうと、同情する気持ちもある。

躾は時代と共に変化するものだし、生まれる時代が違かったら、わたしも影響を受けていてもおかしくはない。

あなたは、わたしではないけれど

「あなたは、たまたま恵まれていただけで、自分とは違う」と思うかもしれない。

「あなたのようには、頑張れないかもしれない」と思うかもしれない。

「無責任なことを言わないで」と思うかもしれない。

 

ただ、上のツイートを投稿した時、「わかる」であるとか、「そう、わたし達はそんなことしないよね」といったコメントを、多く頂いたのも事実です。

辛さを知っているからこそ、優しくなることができる。

「大切にしたい、優しくしたい」と思うからこその苦しみで、きっと自信が持てないだけなんだ。

わたしは、ただの1ケースに過ぎないけれど、それを言ったら、あなたの親だって、ただの1ケースに過ぎないんだ。

あなたはあなたの親ではないし、あなたの子どもはあなたじゃない

「虐待は連鎖する」というのは、通説に過ぎないし、裏付けるデータだって“確率”でしかないもの。

辛い思いをした人ほど、人に優しくなることができる。

 

ただ、やっぱり、切なくなることはある。

子どもの意思を尊重し、子どもを大切に扱うほど、何故わたしの親は、わたしにこうしてくれなかったのだろう?と、哀しさを感じることもある。

反面教師にしたいのに、なかなかうまくいかないことばかりで、自己嫌悪で苦しいこともある。

母に対して「やってくれたこと」への感謝の気持ちが湧き上がるとともに、自分に憤りを感じることもある。

 

育児は、完璧にできなくて当たり前。

育児は、うまくいかなくて当たり前。

 

でも、子どもに致命傷を与えるようなことはしたくない。

そして、どんな傷が致命傷になり得るのか、わたし達は、誰よりも理解している。

 

あなたは優しい親になれる可能性を秘めているし、

自分に失望してしまう前に、闘うことを選ぶのもいいかもしれない。

しんどいことも多いけれど、子育ては決してそれだけではないから、

しぶとく、強く、優しく、驕ることなく、精一杯やっていこう。

 

さて。

わたしは今日、誕生日なので。

ここ数日、娘がコソコソ作っていたバースデーカードを受け取りに行ってきます。

 

追記

f:id:shinoegg:20181016203412j:image

 

*どさくさに紛れて誕生日プレゼント大募集*(匿名OK)

Amazonの「あわよくば欲しいものリスト」