望月志乃の ひびわれたまご|ADHD主婦

大人の発達障害(ADHD)当事者のイラストレーター望月志乃が、生きづらさや”楽”について考えるブログ。

一般人と発達障害者の違いをドラクエで例えてみた

どうも。こんにちは。発達障害界の松岡修造を目指す女、望月志乃です。

発達障害について、人によって捉え方が違うと思うのですが。わたしの感覚を説明するのに、ドラクエがピッタリだったので、わかりやすく絵にしてみました。

 発達障害者は、能力に凸凹がある特殊能力タイプ

f:id:shinoegg:20181004141011j:plain

定型発達(発達障害ではない人のこと)は、バランスのいい勇者タイプで、

発達障害者は、魔法使いなどの特殊能力型なのかな、と思っています。

 

バランス型でも、人によって違いがあり、きれいな五角形というわけではなく、それなりに凸凹があって、個人差がある。

対して発達障害者は、得意なことと、苦手なことがとてもハッキリしていて、いつも「どく」などの状態異常にかかっている。

治療薬で状態異常を抑えることはできる

発達障害の一種、ADHDの治療薬には、コンサータとストラテラという2種類がある。

それらを服用すると、状態異常を一時的に抑えることができる。

薬を飲んだからといって、能力値に大きな変動はないし、ましてや勇者に変身できるわけではない。

ただし、ステータス異常がない状態なら、本来の力を発揮することが出来、得意な分野(まほう)で活躍することができる。 

勇者ばかり求められる社会

民衆が求めるのは、たいてい勇者タイプ。

なんでもそつなくこなし、大きな欠点もない。

使う側としても、不安要素が少なく、とても使いやすい。

魔法でしか倒せない敵もいる

ただ、魔法使いでないと出来ない仕事もある。

得意分野をじっくりと育てれば、レベルが上がるにつれて、勇者には使えない、強力な魔法を覚えることができる。

勇者を目指すのもいいけれど

誰にでも、向き不向きはある。

自分が勇者でないからと言って、卑屈になる必要は全くない。

凸凹はあるものの、トータルで見れば、勇者と「総パラメータ値」は同じかもしれない。

それに、パーティの全員が全員、勇者では面白くないし、画一的で怖い。

能力値に凸凹がある特殊能力者の、得意分野をきちんと知ってもらい、パーティの一員として、誇りをもって冒険に参加できるような、そんな世界になればいいなと思う。

 

次の記事:

blog.shinoegg.com