望月志乃の ひびわれたまご

大人の発達障害(ADHD)当事者のイラストレーター・志乃が、生きづらさや”楽”について考えるブログ。

【ADHDと誤解】誤解されることには慣れている【Twitterまとめ】

誤解されれば、その度にしっかり痛い

慣れているからと言っても、傷つかないわけではなく。

転んでヒザを擦りむく度に、きちんと痛むように、何度も同じように転んでは、痛い思いをする。

自分が何に躓いたかも、ボンヤリとして分からないまま。

 

転ばないように、いつも慎重に歩いている。

人間関係の中を綱渡りのように歩いて、神経を使い、消耗する。

暗中模索のような、五里霧中のような、足元すらもおぼつかない感覚。

 

誤解って、どうしたら生まずに済むのかしらね。

どんな風に表現したら、分かってもらえるのかしらね。

 

そんなような気持ちで書いたツイートが、たくさんの方に共感して頂いた。

今回は取り急ぎ、そのツイートを以下にまとめておく。

 ADHDで本当に困りがちなこと

ぶつかりあい、失敗する中で学んでいく子ども

裏のない方々もたくさんいるのに、自分で勝手に裏を心配して怯えてしまう…

説明不要な関係性が安心する

今あるご縁に感謝して、その時々で自分なりに手探りで大切にしていくしかないし

発達障害に関係なく、きっとみんなそうなんだろう。

それでも過去に転んだ回数があまりに多くて、歩き出す前につい臆病になってしまうけど。

これが、お互いにとって素敵なご縁になりますように。

 

関連記事

blog.shinoegg.com