望月志乃の ひびわれたまご

大人の発達障害(ADHD)当事者のイラストレーター・志乃が、生きづらさや”楽”について考えるブログ。

「発達障害者は子どもを産むな」に反論してみる

発達障害は先天的なもの(=生まれつきの脳みその特性)である。

加えて、親から子へ受け継がれていく「遺伝性のものである」という説がある。

確率の問題であり、必ず遺伝するとは限らない。

 

その話を聞いて、妊娠・出産のみならず、結婚も躊躇う当事者が少なからずいるらしい。私も第二子を産むかどうかについて、どうするべきか悩んだ時期があった。

赤すぐネットに寄稿させていただいたコミックエッセイ

 

当然ながら、最終的には本人が自身の責任において考えるべきことであり、他人がどうこういうべきことではないが、現実はそうではないようだ。

 いつものようにTwitterを眺めていると、こんなツイートが目に入った。

これは「質問箱」という、匿名で質問を送ることができるWEBサービスを利用したもの。婚活中のまるさん@jbn48が、Twitterで質問を募集したところ、このような誹謗中傷のメッセージが届いたとのことで、そのことについて考えてみた。

発達障害者は子孫を残すべきではない?

発達障害者は子どもを作るなというのはつまり、子孫を残す権利はないという主張だ。

仮に100歩譲って、人類に害をなすしかない劣等種だとしたら、逆になぜ我々は、こうして今ここに存在できているのだろう。

 

そもそも全ての人間は、「できそこない」だ。完璧な人間など存在せず、多様性があるからこそ、人類は繁栄してきた。

主張に隠された、おかしな「前提」

質問の送り主の言い分をまとめると、こうである。

  • 発達障害者は婚活をするべきではない。
  • なぜならば、発達障害は遺伝するからである。
    (あくまで一説であり、必ず遺伝するとは限らない)
  • 子どもを作らないで欲しい。
    (質問者は赤の他人であり、直接関わりあいがないが、口を出す必要性を感じている)
  • 子どもを作らないのだから、結婚をするのもいけない。
    (結婚は、子どもを作るためにあり、作らないのなら結婚をしてはいけないという思い込み)
  • 不幸な発達障害者を、増やさないで欲しい。
    (発達障害を持って産まれることは不幸でしかないため、最初から生まれてこない方がいいという決めつけ)
  • 発達障害者は周囲に迷惑を垂れ流すだけの存在なので、社会に出て来ないで欲しい。(多様性の否定。選民思想の持ち主?)

強い言葉の裏には必ず「理由」がある

「弱い犬ほどよく吠える」という通り、大型犬はおとなしく、小型犬は威嚇に必死だ。

攻撃性は不安の表れであるとして、この質問者がここまで強く主張する背景が、どうにも気になった。

質問者は、なぜそこまで言う必要があったのだろうか。

考えられる理由を列挙してみる。

  1. 普段から発達障害者に迷惑をかけられており、脅威を感じている。
  2. 自分も発達障害を抱えているが、「子どもに遺伝してしまうかもしれない」のと、「子どもを産めないなら結婚する資格はない」と思っているため、自身の結婚は諦めており、「自分と同じように諦めていない」ことが許せない。
  3. 劣等感や嫉妬心を抱いており、マウンティングをして安心したい。
  4. 「自分は自分、他人は他人」という自他の境界線があいまいである。
  5. 質問者は実在しない。

もちろん、送った本人にしか分からないことではあるが。

私個人の予想としては、2+3+4あたりではないかと思う。5はまあ無いだろうが、仮に5だったとしても、こういうことを言われるのも、よくある話なのが困ったところ。

 

攻撃性を抱えた当人の問題

「発達障害者としてどうあるべきか」という定義を、人それぞれ持っていて、そこから外れる人間を攻撃する人もいるが、価値観の問題であり、攻撃されている側の問題ではない。

要は、「あなたはそう思うのね、わたしは違うけど。」で終わる話なのである。

得意分野で活躍する発達障害者たち

全ての発達障害者が天才なわけではないし、こういう話を聞いて「エジソンのような才能がなければ存在価値がないのか」と感じる当事者もいる。

 

それでも、「個性的である」ということは「おもしろい」ということだ。

誰もが「普通」な世の中は、絶対につまらない。

普通である人間なんていないのに、普通を求める社会もおかしい。

色んな人がいるから面白いし、刺激的なんだと思う。 

 

言葉通りに受け取ってはいけない。

言葉の裏側には、色んなことが隠れている。

 

少なくても私は、それなりに苦労もしてきたけども、自分のADHDっぽさを愛しているし、人生おおむねハッピーである。

 

なあ、みんな。

発達障害を持っていたって幸せになれるっていう、生き証人になっていこうな。

 

次の記事

続きを書きました。

blog.shinoegg.com

 

関連記事

blog.shinoegg.com