望月志乃の ひびわれたまご|ADHD主婦

大人の発達障害(ADHD)当事者のイラストレーター望月志乃が、生きづらさや”楽”について考えるブログ。

瞑想がまったくできない

絶え間なく考え事をしている。

 

考え事にもエネルギーは使うので、毎日家でじっとしているだけでも疲れている。

「考え過ぎ」とも言われるし、自分でもそう思うが、性分なので仕方がない。

落ち着きなく動き回るADHDの子どもを「多動児」と呼ぶが、ボーッとしているADHDの子どももまた、「頭の中が多動」なのである。


「瞑想」による効果は、今や科学的にも証明されていて、故スティーブ・ジョブズ、ビル・ゲイツ、イチロー等の名だたる成功者のほか、Google社、インテル社など一流企業も導入しているそうだ。

その他、東洋医学でも「考え過ぎるのは良くない」とされているのも知っている(同じだけ身体も動かした方がよい)。

 

知ってはいるが。

常に何かを考え、自分の世界へ旅立ってしまう癖がある私にとっては、「頭の中をからっぽにする」のが、どうにもこうにも不可能に近い。

今まで何度も挑戦してみたが、その度に挫折してきた。


瞑想には「集中力」が必要だ。

誰にでも出来る!カンタン瞑想法!」などという情報サイトを片っ端から読んでみたものの、私には出来ないぞ瞑想法。全然カンタンじゃないぞ瞑想法。

オチには結局「そんなわけで、しっかりした指導者に教わるのが一番!セミナー受講がオススメ☆」というような文言と、お申込みボタンがあることも多く、うす汚れっちまった私には、お金の匂いがすると何ともハードルが高い。

 

ひたすら腹式呼吸に専念するだけでいい」と言われても、次の瞬間には別のことを考えている。こういう時に、思考停止ボタンがあったらいいのになあと思うが、そもそも瞑想はそのための訓練なのだろう。


無心になれればいい」という説もある。

料理、編み物、縫い物、絵画、プラモデル、盆栽…。

趣味や好きなことに没頭できる時間は、人の心を癒すのだそうだ。

 

私の場合はおそらく、「考え事」がそれにあたるわけだが、その場合は一体どうなるんだろうか。

心を無にするって、どういう状態なんだろうか。

 

無心になれるとは?無心とは?無とは?心とは?
要は何?没頭できればいいの?そりゃもう頭を使っているけども。使っているんだけれども、呼吸や飲食も忘れて考え事に没頭しているとき、無我の境地に立っていると言えなくもなくもない。無我とは一体なんなんだ。そう言えば、無我とは仏教用語なんですって、知ってました?まわるーまわるーよ思考はまわるー。よろーこびーかなしみくりかえぇぇえええキィィエエエ……おなかすいた。

 

 

 

 

無理。

 

 

無理だろうこれは。どうしたらいいんだこれは。

 

ADHD特性がある方で瞑想が得意だという方、もしいらっしゃいましたらアドバイスをください。