望月志乃の ひびわれたまご|ADHD主婦

大人の発達障害(ADHD)当事者のイラストレーター望月志乃が、生きづらさや”楽”について考えるブログ。

イジリがうまい人は気配り上手ってことを、イジられっぱなしの人間が書いてみる

Twitterで、漫画家の横槍メンゴさんが呟いた内容が、話題になっていました。

このツイートを見て、私なりに考えたことをまとめたいと思います。

 イジられるの得意です

ひょっとしたら皆さんご存知ないかもしれませんが、わたし、イジられるの好きなんです。

「タイヤですか?」と多数お寄せいただいたパウンドケーキ

「タイヤですか?」と多数お寄せいただいたパウンドケーキ



blog.shinoegg.com

blog.shinoegg.com

 最近だと、こちら。

togetter.com

皆さん、笑っちゃうくらい遠慮がない。もう、ツッコミが追いつかない。

 

でも、つい笑ってしまう。

そういう状況が多い私が思うことを、書かせていただきます。

 

出川哲郎が尊敬される時代

かつて「抱かれたくない男」や「嫌いな男性タレントランキング」上位にいた出川哲郎さんが今、尊敬される立場になっているそうです。

世間から侮辱されても、嘲笑されても、自分の信じたスタイルを何年も貫き通し、多くの人間を笑顔にするその姿は、まさにプロの芸人。昨今の状況を鑑みれば、尊敬の対象になるのも頷ける話ですよね。

かくいう私も、そのうちの一人です。

ピエロを演じつつも、プライドは捨てられない。真似できる気がしません。

ただ、よく言われることですが、リアクション芸人はそれが芸であり、それでお金を貰っているプロ。一般人になると全く話は違ってくるのに、テレビのノリを友人関係に持ち込まれると、困ってしまいますよね。

「イジられている相手が可哀想」と思ったら失敗

出川哲郎さんがイジられている様を見て、「可哀相…」と思う人がいるでしょうか。

いたとしても、少数派だと思います。

何故なのか考えてみたところ、彼は笑顔も印象的。リアクションから、本人も楽しんでいる様子が分かるんですよね。「ツッコまれて喜んでいる」のが伝わってくる。

ご本人も、尊敬の目を向けられる状況を心から喜びつつも「尊敬されると芸にならない」とコメントしていました。

イジられることを望んでいる人にも条件はある

「ここまではいいけど、こっから先は許せない」と思うラインが、誰にでもある。

その程度の差はあるが、どれも尊重されるべきものだ。判定のシビアな人が悪いというわけでは決してない。

気配り上手な人は、その距離感をわきまえた上でイジるため、絶妙なバランス感覚でもって、楽しい雰囲気を壊さない。

何を言いたいのかというと、私はそういう優しい人から遠慮なくハリセンでブン殴られるのが大好きな、変態です。

いつもありがとうございます!

 

現場からは、以上です。

 

関連記事

blog.shinoegg.com