望月志乃の ひびわれたまご|ADHD主婦

大人の発達障害(ADHD)当事者のイラストレーター望月志乃が、生きづらさや”楽”について考えるブログ。

天才と凡人のあいだ ~私が気分安定剤を飲みたくない理由~

天才と呼べるほど突起した能力もなく、凡人と呼べるほど平均的でもなく、

健常者と呼べるほど一般的でもなく、障害者と呼べるほど困難さを抱えてもいない。

 

アインシュタインや坂本龍馬が、発達障害を抱えていたという説がある。

いっそ能力が思いっきり尖っていれば、開き直って武器にもできるものを、中途半端さが一層、生きづらさを深めていく。

現実問題、私と同じようなタイプが多いのかもしれない。

 

精神科に行ってきた

ずっと行きたくないと思っていた。

薬には極力頼らずに、なるべく特性を生かす方向で考えていたし、緑内障の傾向がある場合、代表的なADHD治療薬が2つとも服用に注意が必要だったりと、理由は様々あるけれど。

現状のままでは、一般的な家事・育児などの「母親業」をこなすことが困難だと感じ、薬の服用を検討してみることにした

 

…のだが。

 

 

以前、発達障害者支援センターで受けた、WAIS-Ⅲの診断結果を見せたところ。

 

「……うーーん、確かにそれっぽさもありますが、ADHDなのかな…」

 

おっと?

雲行きが怪しくなってきやがった。

 

 

ある日突然、「ADHD当事者ママの~」という枕詞が、私のプロフィールから一斉にスッと消えてたら察してください。

 

「お仕事は何をされてらっしゃるんですか」
「えーー…と、あの、一応、エッセイストのようなものを…」

「えっ!どんなことを書かれるんですか?」

「……それがwww発達障害の当事者としての心情をですねwwwww」
「えwwwwwwwww」

「ファーーーーーーーーーwwwwww」

「あっれ~~、来るとこ間違えちゃったねwwwwww」

 

先生、笑いごとじゃない。

 

 

医師と2人で面白くなっちゃって、つい大爆笑してしまいましたが、全然笑いごとじゃないですね。なんか面白くなっちゃったんですよね。

 

冗談はさておき。

以前受けた講座の、成人ADHD第一人者の精神科医によると、発達障害はまだまだ研究途上の分野で、知識不足であったり、取り扱っていない精神科医院も多く存在する。診断した医師によって大きく診断結果に差が出るのも、よくある話のようだ。

判断が分かれるところなので、セカンドオピニオンも盛んに行われている。

ただ私の場合、確かにその傾向があるにはあるが、現状の困難さを引き起こしているのは、ADHD特性よりも「双極性障害」の症状なのではないかという話にもなり、そのへんのことも含めて、後日詳しく検査をしてみることとなった。

 

ADHDと作家性

ADHD治療薬には、「コンサータ」と「ストラテラ」があり、コンサータの方は12時間で薬の効果が切れるため、切れた時間を創作時間に費やすなど、ADHD特有の「アイデア力・ひらめき力・創造性」をうまく利用する手もあるらしい。もちろん、副作用には個人差もある。

実際、それらを飲み始めてから、思うように創作活動ができなくなり、活動を続けることを断念せざるを得なくなったクリエーターの話を、確かな筋から聞いたことがあり、服用にあたって、ある程度の覚悟は必要なんだろうなと思った。

いっそ私が天才だったら、多少のことでは揺るがないのかもしれない。

天才と言えるほど秀でているわけでもなく、凡人と呼べるほど平均的でもない。

全てが中途半端で、あるもので勝負をしなければならない状況において、薬で欠点を抑え込むよりも、個性として開き直った方がいいというのは、目に見えて明らかだろう。

じっくり時間をかけて、トライアンドエラーを繰り返し、自分に合う薬を探すという道も、もちろんあるが。

双極性障害と気分安定剤とわたし

f:id:shinoegg:20171212172037j:plain

人間の心は、盛り上がったら盛り上がっただけ、盛り下がるようになっている。浮かれたら浮かれた分だけ、後で派手に凹むため、なるべくハイになり過ぎない方がいいと分かっているが、衝動のまま浮かれポンチになる自分を抑えられない。

この「うつ期」の症状を抑えようと思った場合、飲むのは気分安定剤になるようで。理由は、抗うつ剤を飲んで、「躁鬱」の「躁期」に働いてしまった場合、とんでもないことになってしまうとのこと。

以前、双極性障害の疑いがかかり、気分安定剤を飲んだ時の苦い記憶がよみがえり、複雑な気持ちになった。

f:id:shinoegg:20171212172641j:plain

当時の主治医に「生きている気がしないので飲みたくない」と伝えると、「皆さんそうおっしゃいます」と、困ったように笑っていたっけな。

最高にハイな気分を味わってきたため、平たんな状態がとても苦痛に感じる。

ジェットコースターの刺激に慣れているのに、強制的に延々とメリーゴーラウンドに乗せられるような、そんな感覚。

 

確かに波がなだらかになれば、私の精神状態に、自分も周囲も振り回されることがなくなりそうだ。

でも、「わたしらしさ」は、どこへ行ってしまうんだろう。

 

飲みたくない。けど…

最初に戻るが、なんで受診を決めたかというと、「母親業」に困難さを感じているからで。私が私らしくある時、夫や、娘や、親族に迷惑をかけてしまうのではないかという不安が常にある。

blog.shinoegg.com

 子どもを理由に使いたくはないが、「普通の母親」を目指す道も諦め切れない。

「何事も、いいとこ取りなんてできないわよ。」という言葉が、何度も頭の中をリフレインする。

わたしは一体、どうなりたいんだろうね。

 

ただ今回、通院を始めたことで、自問自答だけではなく、専門家と相談ができるようになった。まずはそのことを、自分で褒めてやりたいと思う。

全ては、ここからだ。