ひびわれたまご

ひびわれたまご

大人の発達障害(ADHD)当事者のイラストレーター・志乃が、生きづらさや”楽”について考えるブログ。

「発達障害である」ことって、本当にそこまで卑屈にならなきゃいけないこと?

広告

 どうも。志乃です。

今日は、表題の件につきまして、多くの方から反感を買うのを覚悟の上で、言いたいことを書かせていただこうと思っております。どうぞ、お手柔らかにお願い申し上げます。

(追記:私の悪い癖が出た、だいぶキツイ物言いの厳しい内容になっております。閲覧注意です。)

 自分のことを「欠陥品」「出来損ない」と感じる成人発達障害者が約7割

…という、アンケート結果をTwitterで見かけまして、いてもたってもいられず、思うことをツイートしていましたらば、止まらなくなってしまいまして、ブログの記事にまとめようと思った次第でございます。

いや、こちらのブログでも繰り返しお伝えしてきましたように、成人発達障害者の多くが、家庭、学校、職場と、環境の中で、人間性を否定され続ける機会が べらぼうに多く、必然的に「自責の念」や「自己否定」を抱えて過ごすことになりがちなんです。

それもよく解る。

分かるんだけど、現在の私はどうしても「発達障害者=欠陥品」という文脈に触れると、こう、ザワついてしまうんですよね。「オイ、それはちょっと聞き捨てならねぇぞ」と。

まあたぶん、私は昔から目立ちたがり屋で、身の程しらずのお調子者だったんで、「変わり者」であることが嬉しくもあったんです。

そんな風に思えるのは、周りのおかげもあるんだろうし、複雑な家庭環境に育ったものの、生育環境は、自分が思うほどには悪くなかったんだと思います。

色んな意味で、私は自分が思っていたより恵まれているのかもしれないと、よく思うんですよね。

 いやあ、バカのくせに、バカでしょう?…いやね?何を隠そう……バカ…なんですよ…。

f:id:shinoegg:20170910231639p:plain

発達障害支援センターでいただいたIQ検査結果。何度も見返すためシワシワ。

 

うつ病を患い、何年も引きこもった後、この検査を受けて、当時の私は衝撃を受けました。「なんにも得意なことがない、人間のクズ」だと思っていましたが、なんと、得意なことが4つもあった…!今まで誰に長所を褒められても、ザルに水を流すようだったのに、「数値」になって初めて、自分の長所として受けとめることができた。自分の存在価値が、科学的に証明されたような気がして、嬉しかったんですよねー。

 

自分の良さを、自分が一番よく解ってないのかもな、と思いました。

 

わたしの中に、松岡修造な自分と、卑屈な自分が同居している

うつ闘病中は、この「もう一人の自分」と、文字通り「生きるか死ぬか」の真剣勝負(自問自答)を心の中で日夜くり広げ、松岡修造な私が勝ったからこそ、私は今ここにいます。

この「もう一人の卑屈な自分」が、本当に手ごわくて、もっともらしいことを言いやがる。「お前なんか欠陥品なんだ」「死んでしまえ」と、落ち込む度に、そそのかしてくる。このもう一人の自分(以後、シャドウとします)は、これまで自分が関わってきた人物に言われたことだったり、失敗談だったりを、何度も何度も、弱った時にフラッシュバックして見せつけてくる。

まあでも、生きてかなきゃなんないし

子どもいるし。

言ってても仕方ないし。

(なりたくてなっているわけじゃないけど)卑屈になってても何もいいことないし。

趣味で心理学を学べば学ぶほど、「自己肯定」や「自己受容」が、どれだけ大切なことが分かってくる。

先日、成人ADHD向けセミナーに参加した際にも、「自尊感情をどれだけ高められるか」か大事だという話を聞きました。

言うは易し、行うは難しに尽きる

でも実際、生きづらさを緩和しようと思ったら、その道を目指すしかないんだと思いました。

凹があるなら、凸もあるさ

 いやーーー…もちろん、「距離置きたいな~~~」とか思っちゃう人もいますけども、それは単に「私に」合わないってだけの話で。

少なくても、わたしは今まで、成人発達障害の方にお会いする度、「人間味があって」「個性的で」「面白いな」と感じることが多々ありました。

 

凹があるなら、凸もあるのではないか。

それが人間なのではないか。

低空飛行でトゥーーーーーーーーーーーーの人、いたら逆にお会いしてみたい。

欠陥がない人間が、もしいるとしたら、むしろその人が欠陥品になってしまうのではないか、とも思う。

 

私よりも、ずっと苦労なさっている当事者の方にとっては、「お前に何が分かるんだ」という話だと思うし、私よりも恵まれた状況にいる方々にとっては「甘えている」と感じると思います。個人差が激しく、環境次第で大きく左右されるのが、発達障害の難しいところで。

最初から私に分かるわけなくて当然なんで、本来ならば、人様に偉そうに口を出すべきではない。

「何の長所もない人間なんていないよ!絶対なんかあるって!!」と言いたいけれど、最悪の状況下に置かれている人を目の前にしたら、そんな言葉をかけることすら、躊躇してしまうかもしれない。

でも、それでも言いたい。

 

「本当の、本当に?あなたは欠陥品なの?本当に、何の価値もないの?」

なんかあるでしょ、得意なこと。

それを大切にできたら、いいよね。

「何にも得意なことなんかなくったって、あなたはここに居ていいのよ」って、本当は親に言ってもらいたいところでしたけども、それはまあ、仕方がない。 

 無償の愛は、誰からも貰えないものとして、もう、割り切っていこう。

 親や教師から、繰り返し否定された言葉は、心にこびりついて、呪いの沼にハマり込んだようになってしまう。

自分で抜け出すのには相当な労力がいるし、シャドウは沼の底から引きずり込もうと足を引っ張ってくるし、同じ呪いがかかった仲間の存在に安心して、沼の中で安住してしまうこともある。

そういう生き方を否定はしないが、それは果たして、本当に望んでいることなのか。

 

 発達障害者は劣っていると、一体いつ、誰が決めたの?

「発達障害者には天才が多い」を、否定したくなるのは何故?

あなたは本当に「凡人」なの?

「普通じゃない」ことに悩んでいるのに「凡人」なの?

あなたは本当に「無能」なの?

あなたは本当に「無価値」なの?

 

「個性がない」とか「普通の人間である」ということに大きな劣等感を抱き、「目立つ人間」に嫉妬心を抱く人間もいる。(本当に「何の個性もない人間」が存在するのかと聞かれると疑問だが)。

 

人間の優劣って、一体、誰がどんな風にして決めるのだろう。

経済力か?生活力か?それとも、コミュニケーション能力か?

それら全て、世界から見たら「日本」という狭い世界での価値基準かもしれない。

そう考えると、アホらしくなって来ないか。

 

どうしたら私たちは、少しでも気持ちを楽にして生きられる?

どうしたら自信を持てる?

得意なことは何かないか?

好きなことは何かないか?

出来ることは何かないか?

 

本当の本当は、凸の先がとんでもなく尖っているのではないか?

武器として勝負できるくらい、凸を研ぎ続けて、凹は誰かの力を借りたり、自分なりに盾を作ったりできたらいいのではないか?

 

きっと、なんかあるよね。

今は見つからなくても、死ぬまでになんか一つくらい、見つかるかもしれないし。

本当は何にもなかったとしても、何かあるかもしれないと信じたまま、死んでいきたいなと思う。

わたしは卑屈な自分を受容できない

ここまで色々書いてきましたが、裏を返せば私も、自己受容ができてないから、こんな記事を書くんですよ。「自分は自分、他人は他人」と、自他の境界線がハッキリしてたら、こんなこと書く必要ありませんからね。

私は「自分に厳しくあろう」とするあまり、他人にもそれを求めたり、強いプレッシャーを与えることがある。

 自分がそう思うなら、勝手にそうやって生きていきゃいいのに、卑屈になっている当事者を見ると、どうにも心がザワついてしまう。

「卑屈なもう一人の自分」と今も闘っていて、その存在が許せないから、同じようなことを言っている他人を見て、許せないと思うんですよね。

究極的なことを目指すなら、「どんな自分も自分である。」と認めてあげるのが理想。それが、健全に生きるために必要な「自己肯定感」ってやつなんですよね。

 

まとめ

みんなちがって、みんないい。

卑屈になる時があってもいい。

欠陥がない人間なんていない。

程度の重さで存在価値を図るべきものでもない。

きっと、いいところもたくさんある。

「自分は欠陥品だ」なんて、真面目だからこその悩みだ。頑張り屋で、素敵な人ばかりなんじゃないのかな。

分からないけれどね。

そうであって欲しいという、単なる私の願いみたいなものなのかもしれない。

 

これを読んだあなたに、何かいいことありますように。

現場からは以上です。

最近の私の考え方のベースにアドラー心理学があるけど、これって合う合わないあるよね…

関連記事