ひびわれたまご

大人の発達障害(ADHD)当事者のイラストレーター・志乃が、生きづらさや”楽”について考えるブログ。

【嫉妬心の対処法】良いとこ取りしたい欲と、ないものねだりの罠

こんばんは。志乃です。

台風がとんでもないことになっていますが、皆様いかがお過ごしですか。

今回は表題の件について、Twitterでつぶやいたことを、以下にまとめて掲載します。

 

関連記事

【鬱レベル順】うつ病が回復するまでに私が試した7つの対処法【行動編】 - ひびわれたまご

大変な思いをしたけれど、悪いことばかりではなかった。

 

「良いとこ取りしたい」という欲が自分を苦しめる

 良いとこだけ取るなんてできなくて、何かしらのリスクや不利益もキッチリこうむっていて、誰もが影で努力しているのかもしれない。だから、「自分はこんなに苦労しているのに、何であの人は大した苦労もせず、あんなにうまく行っているんだろう」なんてことは、きっと自分の勘違いだと思っていたほうがいい。

 

ないものねだりをしたり、他人に嫉妬してしまう時は

ただ、「当たり前のこと」として受け流すには、ポジティブな意味で諦めることも必要なんだろう。

 

自分にとっての「短所」は他人から見た「長所」であることも

自分にとって「当たり前にできる」ことこそ、「強み」である可能性が高い。

 

自分では気付かないだけで、きっと沢山のものを持っている

 

いつも、そのことを忘れては思い出し、同じことでクヨクヨする。

自己嫌悪したり、自分を卑下したり、他人を羨ましいと思う気持ちに囚われてしまいそうになったら、ないものねだりではなく、あるもの探しを心がけている。

具体的にどうやるかと言うと、「自分が今持っているもの」について、どんな些細なことでもいいので、紙に思いつくまま書き出してみる。そんなシンプルなことでいいらしい。わたしは、スマホのメモ帳アプリに書き、時折読み返している。しばらく経った後に読み返すと、自分の成長を感じたり、様々な発見がある。

そうやって繰り返していくうちに、自然と、自分自身を認める力(自己肯定感)が身についていけばいいなと思う。皆さまもぜひ、お試しあれ。

 

関連記事(このブログ内)