ひびわれたまご

大人の発達障害(ADHD)当事者のイラストレーター・志乃が、生きづらさや”楽”について考えるブログ。

「悪い親」を懲らしめるのは、気持ちがいいですか?

f:id:shinoegg:20160531095810j:plain


「しつけのため」と言って、北海道の山中に7歳男児を置き去りにし、行方不明になっている件について、自分自身の体験をもとに、先日記事を書きました。

shinoegg.hatenablog.com

 詳しくはそちらをご覧いただきたいのですが、結論をざっくり書くと「しつけと称して親が力でねじ伏せても、子どもは慣れるし反抗もする」ことや、「しつけに暴力を使ってはいけない理由は、安易な方法であり、必ずエスカレートしてしまうので危険」だということ、だが一方で、「厳しい躾」に対する世間のニーズも存在するということについて触れました。

 

これ以外でも、このブログでは「完璧な母親ではなく、平均的ママを目指して、楽をシェアする」をコンセプトに、育児の難易度を下げる工夫や、気持ちを楽にする方法について、紹介してきました。

 

そして昨日、Twitterでこんなツイートを見かけました。

 

 

「本当にいいことをしていると思っています」

t.co

2016年5月31日の朝9時時点で、リツイート数は7000を超え、「いいね!」が5000以上ついています。リツイートは必ずしも賛同を意味しませんが、このツイートを見た5000人以上の人間が、この行為を「いいね!」と思っていると仮定します。

何が「いいね!」なのか

この行いは、「本当にいいこと」なのか。

 

悪者を懲らしめて、その悪者が慌てる姿は、見ていて気持ちがいいものです。
勧善懲悪はスカっとしますし、それは気持ちがいいかもしれません。

 

 

何をしても長時間グズる子どもに困り果て、最終手段として「もう!置いていくよ!」と言ってしまうことが、私もあります。

子どもは思うほど、単純ではありません。

 

「やだ!嫌なの!」

子どもには、第一次反抗期、通称「イヤイヤ期」があり、拒否の言葉しか言わなくなる時期があります。 とにかく何が何でも拒否。何から何まで拒否。パンツをはくのも拒否。靴下をはくのも拒否。食べるのも拒否。遊ぶのも拒否。出かけるのも拒否。全身全霊を使って拒否拒否拒否。

大体、1歳の後半くらいから始まり、長い子ですと4歳くらいまで続くこともあります。

でもそれも、成長過程で必要なことであり、それを理解している母親たちは、疲弊しながらも、受け止め、言い聞かせ、つきあい、ごまかし、時には脅しつけながら、少ない手持ちのカードを駆使し、日々の生活を回すため、この一筋縄ではいかないが、強引にコントロールすることも許されない生き物と、365日24時間体制で一緒に暮らしています。

 

「遅くなっちゃうから、もう行こうか」

これで付いて来てくれる時もある。

 

「ママね、○○しないといけないから、早く帰らないといけないの」

これで付いて来てくれる時もある。

 

「そうだね、ここにいたいね。でもごめんね、帰らないといけないんだ」

ここで付いて来てくれる時もある。

 

「そうだ!おうちに帰って○○しようか!」

ここで付いて来てくれる時もある。

 

「一緒に競争しようか!」

ここで付いて来てくれる時もある。

 

「オンブして帰ろうか!」

両手に重たいレジ袋を引っさげ、背中に15kgをおぶって、歩いて帰るときもある。

 

「○○買ってあげるから」

本当はモノで釣りたくないけど、これに頼らざるを得ない時もある。

 

ここまで色々試しても、何を言っても泣いて動かず、

「もう!いい加減にしないと、置いていくからね!!!!!」

を、どうにもならなくなって、使ってしまう時もある。

もちろん、本当に置いていったりはしませんが、毎日毎日、何をするにもそんな調子で疲れ果て、いけないと思いつつも、その言葉を多用してしまうときもある。

前回触れたように、人影のない山中に何分も置き去りにするのはやり過ぎとして、 時には毅然とした態度で、「そんな風に駄々をこねても、その要求は受け入れられない」ということを、きちんと示さないといけない場面もあります。

 

それが、善いことだと正当化するつもりもありませんし、確かに褒められたものではありませんが、「ここまでされるに値するほど」、悪いことなのでしょうか。

 

見ず知らずの成人男性に、突然「そうか!お前は捨てられたのか!!」と声をかけられ、我が子を抱きかかえられた、お母さんの気持ちを思うと、胸が痛みます。

 

何より、そんなことを言われたこの子は、どう思うのでしょうか。

 

 
わたしはこれまで、育児ボランティア活動などを通して、本当に様々なお母さんたちの悩みや、生の声に触れてきました。

子育てのしにくい現代社会の中で、悩みながら、もがきながら、苦しみながら、時に間違えて、後悔して、自己嫌悪して、それでも子どもに愛情を向けて、毎日を精いっぱい過ごしている、たくさんのお母さんを知っています。

 

笑顔の群衆に、寄ってたかって石を投げられる気分です。

何もそこまで、と思うかもしれません。感情的になっている部分もあると思います。

 

でも、何も知らない人たちに、ここまで悪者扱いされて、

「いいぞもっとやれー!」と沢山の人たちから喜ばれるなんて、

本当に、あんまりだ。

 

そして皆がどんどん追いつめられ、誰も幸せにならない

 

「愛のない、バカな母親を懲らしめろ!」という意図がもしあるとして、

この行為に、愛はあるんでしょうか。

 

 現在も、リツイート数といいね数が増え続けている。

 

 良ければ合わせてご覧ください

shinoegg.hatenablog.com

深く関連しています。お時間に余裕があれば是非。 

追記(2016/6/3 8:50)

行方不明だった少年が、無事発見されたとの速報が。

本当に良かったですね…!

北海道の不明男児を発見 無事(2016年6月3日(金)掲載) - Yahoo!ニュース

 さらに追記です。様々なご意見をいただいたことを受け、総括記事を書きました。

shinoegg.hatenablog.com

関連記事(このブログ内)