ひびわれたまご

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひびわれたまご

大人の発達障害(ADHD)当事者のイラストレーター・志乃が、生きづらさや”楽”について考えるブログ。

理系のための超・合理的レシピ本「理系の料理」が面白い

ADHDママの育児・家事メモ 感想・レビュー お役立ち系 たのしい系 料理・レシピ
広告

お久しぶりです。志乃です。

タルトタタンの悲劇から早3ヶ月。皆様いかがお過ごしでしょうか。

記事の最後に「志乃とサルでもこうすれば分かる!タルトタタン レシピ」を載せると次回予告で言いましたね。あれは忘れてください。

ええ、単純なことでした。コメント欄でも散々ツッコまれていた通り、私ね、キッチンスケールを買いました。

その後、何回か練習した成果がこちらです。

 

 

f:id:shinoegg:20151205155802j:plain

 

これが

f:id:shinoegg:20150912192156j:plain

 

こうなる。

 

f:id:shinoegg:20151205155802j:plain

…そう、キッチンスケールならね。

 

「お菓子作りをするのに、キッチンスケールを持ってないとか、ナメてんのか」というごもっともなご意見を多数いただき、反省して即購入したわけですが、世界が変わりました。

「…砂糖って思ってたより…えっ、こんなに入れるの…!?」的な、感覚と実際の差を痛感。お菓子づくりで見切り発車をしてはいけないんだと、深く反省致しました。

 

【★お菓子づくりのポイント★】

  • しっかりと準備をする(道具や食材を揃える)
  • レシピ通りに作る

こちらは鉄則なわけですが、前回のタルトタタンのように、「初心者には理解できない」、初心者に対して親切とは言えないレシピも、世の中に多数存在します。

 

はしょられた

レシピはそもそも

わからない 志乃心の川柳

 

そんな私にピッタリな料理本を、最近入手致しましたので、ご紹介したいと思います。

 

 はいこちら!理系にはお馴染みの出版社・秀和システムさんが出してらっしゃる、理系の、理系による、理系のための、超・合理的な料理本でございます。

 

料理初心者ならば、誰もが通る「適量ってなんやねん!(バリーン)」を、とことんまで追求、合理的に解説した、哲学までも感じさせる一冊。

 

 

 

さすがの私もジャガイモの洗い方は分かりますが、そう、油断は禁物なのです。

 

「適量」「少々」など【料理の大前提がわからない人】には、痒いところに手が届き、そうでない人は大爆笑、そんな料理本となっております。

もっと早く、こちらの本と出会えていたなら、あのリンゴも犠牲になっていなかったでしょう。そんなことを思わせる作品で、本当にオススメの一冊です。

 

奥さまやお母様に、料理上手になっていただきたい方、旦那さんに料理を覚えていただきたい方、料理ができない人の思考プロセスに興味のある方。

ぜひ一冊、いかがでしょうか。

 

ありがとう秀和システム。さようなら過去の私。

ノーモア、メシマズ。

 

現場からは以上です。