ひびわれたまご

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひびわれたまご

大人の発達障害(ADHD)当事者のイラストレーター・志乃が、生きづらさや”楽”について考えるブログ。

フォロワーのおかげで5歳娘が「初音ミクになる」夢を叶えた日

うちの子がミクになりたがっているとツイートしたところ、フォロワーさんが作って送ってくれましたwwwww 「ママ!ネギは!?ネギ持とう!」 詳しいな… #初音ミク #VOCALOID#今日の5歳娘

感謝♡「陣痛なう」から5年、チビ乃が5歳になりました。

どうも。志乃です。 本日、2017年2月21日は、娘の5回目の誕生日です。 つまり、皆さまをお騒がせしたあの騒動から5年ということで…。月日が経つのはあっという間ですね。 色んな方に"産まれる時から"支えられながら、無事今日という日を迎えることができまし…

ラジオ出演します 2/23(木)19:30~エフエムたいはく78.9MHz(ネット配信予定)

この3人で出るよ(左からみーちゃん、ゆみさん、わたし) イヤイヤ期を乗り切るためのノウハウを集めた横から目線の育児本「2歳児サバイバルライフ」が、おかげ様でご好評をいただいております。 ボランティアの制作委員として、企画・デザイン・構成・一部…

【おすすめ本】子どもの心を育てる「おしえてブッダせんせい こころのふしぎ」【親子で学ぶ仏教】

旦那が「志乃が好きそう」と言って、近所のスーパーで買ってくれた本。好き。 どうも皆さんこんにちは。悟りひらきたい系主婦、志乃です。 どうですか皆さん。悟ってますか。 わたしはまだです。 特に仏教徒というわけでもないのですが、なんとなく日本人と…

【反省文】初詣ベビーカー記事へのご意見・ご感想、ありがとうございました

どうも。志乃です。 前回の記事に、私の予想を上回る、たいへんな反響がありました。 blog.shinoegg.com いただいた沢山のご意見を拝見しながら、色々と反省点を考えておりましたら、気づいたら3日ほど経っていました。そして今も尚、ご意見を多数頂戴してお…

ベビーカー否定派に伝えたい3つのこと

風のように去りぬ どうも。志乃です。 Twitterで、とあるベビーカーに関するツイートが回ってきました。そのことについて言及したところ、反響があったため、記事としてまとめておくことにしました。 宜しければお付き合いください。 (ツイートを埋め込むた…

「はてなブログ大賞2016」に選んでいただきました

どうも。志乃です。 な~~~~んか昔の記事がまた伸びてんな~~~~~??と思っていたら、はてなブログ大賞2016に選んでいただいておりました。ありがとうございます!

【ADHD専業主婦の苦悩】「女はいいよな」に思うこと〜依存と見捨てられ不安〜

どうも。志乃です。 今日は度々話題にのぼる「女の発達障碍者はいいよな、いざとなったら専業主婦に逃げられる」に対するアンサーのようなものを書きます。 ちょっと、こみいった(?)お話になるかと思います。

「人から良く思われたい」を捨てると自由になれる

自分を実際よりも大きく見せたくなった時。 実はとっても「ありのままの自分」に自信がない時。 他人に対して、何かケチをつけたくなった時。 他人のやることが、気になって仕方がない時。 全て、自分自身が「のびのびと生きていない」時なのかもしれない。 …

【おすすめ絵本②】ママが選んだ1冊!出産祝いのプレゼントにもお勧め☆可愛すぎる配色センス抜群のシリーズ

娘が選んだのは「てぶくろ」。私が選んだのは「くまのがっこう ジャッキーのたからもの」。 どうも。志乃です。 前回に引き続き今回も、テンション高めな絵本レビューをお届けします。

【おすすめ絵本①】ちっぽけで孤独。でも「ぼく」にしか、できないことがある…「しょうぼうじどうしゃ じぷた」が胸熱

どうも。志乃です。 「胸熱」とは、ネットスラングで、「胸が熱くなる」を略したもの。今回は、そんな大人の心にもグッとくる、オススメの絵本をややテンション高めでご紹介します。

【重版御礼】ネット通販再開!横から目線の育児本「2歳児サバイバルライフ」

大変、長らくお待たせいたしました。 現役ママ10名による横から目線の育児本「2歳児サバイバルライフ」のネット販売が再開いたしました。今回はそのお知らせです。

「子どもと遊ぶのが辛い」原因と対策を考えてみた

赤すぐネット「みんなの体験記」での連載コラム、第4回が公開になりました。 今回は「子どもと2人きりで遊ぶことについてどう思うか」がテーマです。Twitterで、幼児を子育て中の方を対象に行った、匿名アンケートの結果を基に書かせていただきました。 ご協…

親の愛は「手間」に宿るのか?子ども用ハーネスが嫌がられる理由について考える

度たび、話題になる「子ども用ハーネス」問題。 発達障害を抱えた多動児や、後先考えずに全力で道路に飛び出してしまうヤンチャっ子の安全を守るための「命綱」として、利用する人が増えている。 ネットで何度も、理解と寛容さを求める親サイドからの主張を…

ブログを2つに分離!育児絵日記ブログ始めました☆(笑)

志乃です。いつもお世話になっております。この度、画像の通り、ブログを2つに分離いたしました。

「頑張りを認めて欲しいママ」が増えているのかもしれない~「ママがおばけになっちゃった」について思うこと

ツイートのまとめです。

死にもの狂いで2歳児を子育て中のママへ。横から目線の育児本、できました。

この度、わたくし志乃も企画・制作・編集・デザインに関わった育児本が、ついに昨日、発売になりました(なんと私の誕生日!)。 第一次反抗期(イヤイヤ期)の2歳児相手に毎日「ギリギリ」なお母さま方に、ぜひ読んでいただきたい一冊です。 70%のママが「…

長女が母親の「愚痴のはけ口」にされやすい理由と問題点

このブログと私について 長女が、母親の愚痴の聞き役にされるというのは、よくある話。母親が、家庭の中で被害者意識を募らせていると、一番共感を得られやすい長女を、自分の味方にしようとしてしまうとか。そこから家庭内での不和も生まれてしまう。自分も…

赤ちゃんはちゃんと分かってた!喋る代わりに「たのしー!」って手足で表現してた娘のまとめ(動画あり)

初めてのベビーカー。木陰でひとやすみ。 #今日の4歳娘「あのねママ、ひさしぶりにベビーカーのりたい!」「…なんでまた?」「あのね、ちいさいときにね、とってもたのしくて、でもしゃべれないから、たのしー!って、手とあしでバタバタしてたの!」あの乗…

本当はみんな、自分の頑張りをただ認めて欲しいだけだったりして。

このブログと私について ツイートのまとめです。 「すべて自己責任」なのか? 「ミスは甘え」「貧困は甘え」「うつ病は甘え」「発達障害は甘え」「甘えるな努力しろ」「○○のせいにするな」等々。 こういう「○○は甘え」が塵も積もってみんなキリキリしてるの…

赤すぐnet「みんなの体験記」にて、連載開始のお知らせ

どうも。志乃です。 ツイッターやFacebookページの方では既にご案内させて頂きましたが、こちらでも改めてお知らせいたします。 なんとあの「赤すぐnet みんなの体験記」さんで、連載させていただくことになりました!ありがとうございます!!!

事なかれ主義?将来、イジメを子どもから教えて貰える親子関係は、どうやって築いたらいいの?

こんにちは、志乃です。 わたしは現在、4歳の娘を子育て中の主婦です。 Twitterで、中高生の子どもを持つお母さまがたによって、「自分の子どもが謂れのない暴力を受けたり、イジリと称してイジメられたりしたときに、親としてどう対応したらいいのか」とい…

ベビーカー論争、反対派は「優しくない」のか問題

関連ツイートを取り急ぎ、まとめておきます。 後で編集するかもしれない(しないかもしれない) 追記: タイトル変更しました 発端となったツイート ラッシュの電車でカップルがベビーカー談義。ベビーカー畳め派の男「だって畳めばあと1人入れるだろ」女「ん…

正論に誰も異論はないが、正論で人は救えない。

北海道の山中で行方不明になっていた7歳の男の子が、無事に保護されましたね。 ネット上では最悪の事態を想定した話題が多かっただけに、心からホッとしています。本当に良かったですね。 この事件に関して書いた私の記事に、たくさんの反響をいただきました…

「悪い親」を懲らしめるのは、気持ちがいいですか?

「しつけのため」と言って、北海道の山中に7歳男児を置き去りにし、行方不明になっている件について、自分自身の体験をもとに、先日記事を書きました。 shinoegg.hatenablog.com 詳しくはそちらをご覧いただきたいのですが、結論をざっくり書くと「しつけと…

しつけで山に置き去りにされた7歳の子、よく家から閉め出された現在34の私。

「出て行け!」と玄関前に閉め出されることに慣れてしまって、ある時、親への反骨心でそのまま外で夜までウロつき、両親が慌てたことを思い出した。山でそれをやったのかな山林で7歳男児不明 しつけとして置き去り 北海道 | NHKニュース https://t.co/DPAz9…

【毒親持ちにお勧め】怒りを和らげ心を楽にする仏教のおまじない「慈悲の瞑想」

どうも。志乃です。 昨今、『毒親』という言葉が、ブームになっていましたね。 今日は、それについての話題です。 途中、仏教の考え方についても触れます。なにぶん完全に独学なもので、もし内容に誤りがございましたら、コメント欄等で指摘して頂けますと幸…

【仙台で子育て中の皆様へ】子育て関連施設で2歳児育児を楽しむためのリーフレット無料配布中★

どうも。志乃です。本日はお知らせです。 「生の声」を集めた、2歳児ママ向け子育て冊子を、のびすく等・仙台市内で無料配布中 「2歳児の子育てを楽しむプロジェクト」(太白区まちづくり活動助成事業)として、一昨年からお手伝いをさせて頂いていた、育児…

子育て中、感情をコントロールする方法と、大事な考え方【ツイートまとめ】

前回の次回予告とは、内容が異なりますが、取り急ぎブログの更新をさせていただきます。 本日、スタッフの一人として受講した子育て講座、「叩かず甘やかさず子育てする方法」について、ツイッターで感想をつぶやいたところ、反響があり、複数のツイートがそ…

【ツイママ実態調査】「正直しんどい(47%)」子どもと1日どれくらいの時間、遊んでる?~4つの質問編~

どうも皆さん、こんばんは。 楽するための努力を惜しまない女、志乃です。 ご来訪、誠にありがとうございます。 このブログでは、「完璧な育児」を目指さず、母と子と、そして「実情」にちょうどよい「まあまあな(平均的)育児」は何かを考え、ひとつずつ実…

こどもちゃれんじを退会した3つの理由と、再入会した4つの理由

こどもちゃれんじ・夏の特大号(3歳児向け)を、思い切って注文してみました。 ★お子様の成長に合わせて学べる!こどもちゃれんじ こどもちゃれんじを退会した3つの理由 こどもちゃれんじ再入会を決めた理由 届いた結果がこちら こどもちゃれんじを退会した3…

普通のママを目指すということ

「完璧なママになれないのは分かっている、『普通のママ』になりたい」 娘を産んでから、ずっとそう願ってきた。このブログの説明書きにも、「平均的なママを目指すブログ」と書いてある。「育児は完璧を目指してはいけません」と、あらゆるところで見かけ…

すくパラブログ総選挙、応援演説♪(きこさん、ゆむいさん、めぐっぺさん、こめこさん)

すくパラ2015春夏ブログ総選挙に立候補しています。 子育て部門・81番 志乃@陣痛なうの人 です。もし宜しければ、一票をお願いします… 詳しい投票方法はこちら。 こちらの応援企画に参加中です すくパラブログ総選挙を"勝手に"盛り上げ企画 - 宮城県仙台市…

【志乃の政見放送】選挙に出ます!!!【重要な追記あり】

2015/6/3追記【重要なお知らせ】 ★再投票のお願い★ 私のミスで、ちゃんとエントリーできていませんでした。これまで投票していただいた分の投票が無効になってしまいました。 大変お手数ですが、番号を ×79→○81へ修正の上、再度投票をお願いいたします。 せ…

LINEスタンプ好評発売中♪

デザインコンセプト 言いづらいことをコミカルなスタンプに 夫婦仲をよくする ママ友づきあいを楽しくサポート コミュニケーションを円滑にして育児が楽しくなるように 「私が欲しい!」かゆいところに手が届くスタンプ

「パパに優しくなって欲しい」人に読んで欲しい!5つの産後クライシス対策

産後クライシスとは? 近年、よく耳にする言葉・・・「産後クライシス」。「産後クライシス」とは、NHKの情報番組が作った造語で、クライシス(crysis)は、危機・局面・崩壊を意味します。産後クライシスの定義は、「産後2年以内に夫婦の愛情が急速に冷え込…

「母親失格」のレッテル貼りと責任と覚悟(Twitterまとめ)

人気モデルの道端アンジェリカさんが「週一でベビーシッターに任せて彼とデートしたい」とテレビ番組で発言し、それに対して批判が殺到しているそうです。 道端アンジェリカのベビーシッター発言に批判殺到 週一でベビーシッターに預けて夫婦でデートnews.bi…

なぜ「Take it easy」な育児は許されないのか

「ちゃんとしなさい」という曖昧な言葉に、いったいどれだけの人が苦しめられてきたんだろうなあ。 育児に限らず、「自分はこんなに頑張っているのに」という気持ちから、つい他者に対しても厳しくなってしまうことが、誰にでもあるように思います。 「みん…

出産ドキュメンタリー映画「うまれる。ずっと、いっしょ。」を観て泣いた話

なんのためにうまれて なにをして 生きるのかこたえられないなんて そんなのは いやだ!今を生きる ことで 熱い こころ 燃える だから 君は いくんだ ほほえんでそうだ うれしいんだ 生きるよろこびたとえ 胸の傷がいたんでも ---アンパンマンのマーチ(詩:…

親から子への「負の連鎖」の断ち切り方(Twitterまとめメモ)

「子どものためを思うと…」と考えると、自分さえ我慢すればいいという思考になりがちで、どんどん不幸になっていくんだけど、そういう姿を子どもに見せるより、どんどん幸福になっていくお手本を見せた方が、子どものためになるっていう事実— 志乃★LINEスタ…

個人の責任か社会の問題か、もしくは社会を選ぶ個人の問題か

理想通りに育児ができなかった場合、悪いのは母親か、支えられない父親か、社会の構造か、批判的な人間か。自分のせいにしたり、責任転嫁したり、悪者探しにやっきになるより、自分のために、自分にできることを探したい。 そんな気持ちからの徒然草です。 …