望月志乃の ひびわれたまご

大人の発達障害(ADHD)当事者のイラストレーター・志乃が、生きづらさや”楽”について考えるブログ。

【大感謝♡】3/9(金)より全国販売!横から目線の育児本「2歳児サバイバルライフ」Amazon&楽天ブックス予約受付開始!

おかげさまで受賞&全国の書店で販売が決定しました わたしも企画・制作に関わった、「横から目線の育児本」をコンセプトにした自費出版本「2歳児サバイバルライフ」。 blog.shinoegg.com blog.shinoegg.com 増版を重ね、地元メディアで話題に 2016年10月に…

精神科で「あなたは発達障害ではありません」と言われるのが怖いあなたへ

どうも。志乃です。 本日は読者の方々から、よくいただくご相談について、私の見解をお答えしたいと思います。 これからお話することは、あくまでも素人である私の見解であり、「こうあるべきだ」と強制するものではございません。「コイツはこう思うんだな…

ADHD解説ギャグコミックエッセイ「ADHD脳で人生楽しんでます!」を、私が好きなら読んで欲しい

どうも皆さんこんにちは!志乃です! 突然ですが、私のこと好きですか? あ、好きなの?ありがとう!じゃあ、四の五の言わずにちょっとこれ読んでみてくれる?え?いいからいいから!読んでみれば分かるから!!ちょっとだけ!ちょっとだけでいいから!!!…

発達障害者が結婚について現実的かつ前向きに考えてみる

前回の記事で、発達障害の特性を持った女性が、婚活していることを理由に、誹謗中傷を受けたという話について書かせていただきました。 詳しいことは前回の記事を御覧いただくとして、簡単に説明しますと(あくまで私個人の予想ではありますが)、誹謗中傷の…

「発達障害者は子どもを産むな」に反論してみる

発達障害は先天的なもの(=生まれつきの脳みその特性)である。 加えて、親から子へ受け継がれていく「遺伝性のものである」という説がある。 確率の問題であり、必ず遺伝するとは限らない。 その話を聞いて、妊娠・出産のみならず、結婚も躊躇う当事者が少…

瞑想がまったくできない

絶え間なく考え事をしている。 考え事にもエネルギーは使うので、毎日家でじっとしているだけでも疲れている。 「考え過ぎ」とも言われるし、自分でもそう思うが、性分なので仕方がない。 落ち着きなく動き回るADHDの子どもを「多動児」と呼ぶが、ボーッとし…

執着と解放。孤独と愛。人生について考えていると、アンパンマンがチラつく話

皮肉なもんだ。 「どうしてもこれが欲しい!」と思っているうちは、なかなか手に入らなくて、「もういいや」と諦めた頃に、ヒョッコリとやってくる。 そうやって握りしめた執着を手放すことで、望むものが手に入る。 自己啓発系の書籍やら、心理学書やら、宗…

ADHDを理由に諦めるのを、やめることにした。

運転免許を取った。 猫を飼った。 覚悟の無さを、ADHDのせいにするのを、やめることにした。 こんなタイトルにしているけれど、別にそんなカッコつけたことを言いたいわけでもなく、むしろ「それでも他のみんなは、頑張っているんだよな」という、どちらかと…

娘が幼稚園で「みんなと違うのは恥ずかしい」と学んできた話

「みんな違って、みんないい。」 "他人との違い"を「おもしろさ」や「刺激」と捉えて、お互いの多様性を認め合えるようになればいい。 このブログでも繰り返し書いてきたテーマです。

食べられないのに無理やり食べさせようとする母親の話

取り急ぎ、ツイートのまとめです。 愚痴の上、読みにくい箇所があると思いますがご容赦ください。

【はれのひ事件】人の気持ちが考えられない人の気持ちを考えてみた

成人式の当日に、契約した業者が手配しホテルへ郵送されているはずの着物が届かず、多くの新成人が被害に遭い、大きなニュースになっていた。 被害総額は数千万円とも言われている。

欲しいものを自分の稼いだお金で我慢せずに買いまくったらQOLと生命力が上がった話

届いたあああああああああ可愛いいいいいいい。マリメッコ生地の革財布。 #marimekko #マリメッコ #北欧雑貨 どうも。志乃です。 母親になってからというもの、禁欲生活にすっかり慣れていました。 元々わたしはお酒も薬も飲まないタイプなので、母乳のため…

「毒のない親」はいない?母親との関係に悩みながら母親になった娘たちの話

前回、前々回の続きです。 blog.shinoegg.com blog.shinoegg.com ※3本立てとなっております。

過保護・過干渉に悩む子どもたちの叫び(ブログへのご感想まとめ)

どうも。志乃です。 前回の記事に、たくさんのご感想をお寄せいただきまして、誠にありがとうございました。 blog.shinoegg.com みなさん親に対しては色んな思いを抱えていて、それぞれに思うところがある。記事のなかでも、第三者からやいのやいのと言われ…

毒親に優しくしたくて苦しい娘たちへ

年末年始の帰省で弱ってしまった方も多いのでは。 まずは、お疲れ様です。お互い、よく頑張りました。たくさん、自分へのごほうびを与えてください。お風呂にゆっくり浸かるのもいいし、おいしいものを食べるのもいい。たっぷり、自分を労ってあげましょうね…

イジリがうまい人は気配り上手ってことを、イジられっぱなしの人間が書いてみる

Twitterで、漫画家の横槍メンゴさんが呟いた内容が、話題になっていました。 ちなみに「仲がいい証にディスる」文化圏の人たちからは距離を置いたら私はすごく心が楽になったので「自分にはこのコミュニケーション向いてないのでは」って人にはおすすめだよ…

アイドルが「ファンの皆のおかげです」と言うのは、単なる営業のリップサービスだと思っていた

私は幼い頃、大人を常に冷めた目で見る、とっても可愛くない子どもだった。 なので、テレビで有名人がよく言う、「ファンの応援のおかげです♡」は、表面上のものでしかないんだろうなと思っていた。 アイドルが売れているのは、アイドル自身が努力した結果で…

天才と凡人のあいだ ~私が気分安定剤を飲みたくない理由~

天才と呼べるほど突起した能力もなく、凡人と呼べるほど平均的でもなく、 健常者と呼べるほど一般的でもなく、障害者と呼べるほど困難さを抱えてもいない。 アインシュタインや坂本龍馬が、発達障害を抱えていたという説がある。 いっそ能力が思いっきり尖っ…

引きこもり主婦がプチプラでトレンドの着回しコーデを1冬ぶん考えてもらった結果(買ったもの11点)

今週のお題「今年買ってよかったもの」 どうも。志乃です。 皆さんは、ファッションに詳しいですか。わたしは疎いです。 【悲報】ファッションに疎く「トラッド系」という単語を昨日おぼえた志乃氏、さっそく今日ググろうとして「ドレッド系」と打ってドレッ…

30代のADHD持ちママが、子どもだった頃の話

現在は、乳幼児健診や、就学前健診などで、子どもの発達障害を早期発見し、療育施設やサポート機関へ誘導するシステムがあるが、30年前、私が子どもだった頃、今のようには充実していなかった。 概念すらなかった時代で、「障害」という言葉への偏見も今より…

正反対の旦那を見ていて自分に必要なことが分かった

私と旦那は何かと正反対だ。 陰と陽、月と太陽、インドアとアウトドア、動と静、内省的と外交的、その他もろもろ。 blog.shinoegg.com そんな旦那が、転職した。

「ねえ、好きに生きたらどうなるの?」「母親だから無理だよ」

旦那に言われた。 「志乃は、好きに生きたらどうなるの?」 彼からしてみれば、いつも自分に鎖を巻き付けて、生きづらそうに見える私を見て、思うところがあるのだと思う。咄嗟に、 「非常にマズイことになると思う。」と答えた。 30も過ぎてしばらく経ち、…

周囲から見下されていると感じるときの気分転換

周囲から見下されている気分の時、何のことはなく、自分で自分がイヤになっているだけなのかもしれない。 自分は誰もバカにするつもりがないのに、なぜか周りからバカにされる時もあって、そんな時は(どうして放っておいてくれないんだ!?)と疑問に思う。…

年賀状に子どもの写真はNG?独身&既婚者にアンケート取ってみた

どうも。志乃です。 年賀状を用意する季節になりました。 学生時代はメールで済ますようになっていましたが、結婚して家庭を持つと、年賀状を送り合う文化が復活。手間はかかりますが、貰うと嬉しいもので、改めていいものだなと感じます。ですが、毎年話題…

「なるほど」は上から目線なのか?納得がいかないのでアンケート取って考えてみた

どうも。面倒くさいことを言い出す女、志乃です。 自覚はある。だが、納得はいかない。よろしければ、わたしの素朴な疑問に少々お付き合いください。 関連性が深い記事

嫉妬する人と、嫉妬される人の特徴。対処法は必要か不要か?

どうも。志乃です。 皆さんは、 「きっと、あなたに嫉妬しているんだよ。」「嫉妬してくる人なんて放っておけばいいよ。」 と他人から言われて、ピンと来なかった経験はありませんか。 嫉妬する人に問題があるのか、それとも、嫉妬される人にも問題があるの…

ご意見・ご感想への返信についてのお詫び

どうも。志乃です。 いつもお世話になっております。 先日の「優しい子は損なのか?」という問いかけを、色んな形でご紹介いただき、たくさんの反響がありました。 読んで下さった皆様、そして、考えてくださった皆様、本当にどうもありがとうございました。…

現代のサンタクロースが、娘にクリスマスプレゼントを届けてくれた話

どうも。志乃です。 先日、記事でもご紹介した今年の娘のクリスマスプレゼントが、本日届きました。 今回は、その時に起こったお話です。

歌うように文章を書く

考える時間はいらない。 ただ指の赴くままに、リズムの波に乗る。 風上はどっちだ。風下はどっちだ。 今は自分の重みを感じたくない。 終着点も考えずに、葉っぱが風に揺らめくように、タララ、タララと文章を書きたい。 文章を書くのは、とても楽しい。 自…

優しい子は損?娘の登園拒否&幼稚園トラブルから、自分と躾を見つめ直した話

私が「お花さん枯れちゃったね~」と言うと「しっ!ママ、お花さんが聞いてるよ!気にしちゃうでしょ!」と怒られます どうも。志乃です。 本日はタイトルの通り、ここのところ悩んでいたこと、考えていたことを、残しておこうと思います。途中、感傷的にな…